ビタミンC教室

ドクター監修:ドクター写真

監修:しのぶ皮膚科院長

蘇原しのぶ先生(クリニック公式サイトはこちら

医師。東海大学医学部卒業後、北里大学皮膚科、獨協大学皮膚科を経て、白斑専門の新宿皮フ科副院長。2016年にしのぶ皮膚科開業。皮膚科・皮膚外科歴12年。ヒアルロン酸、ボトックス治療に造詣が深い。オールアバウト美と健康のガイドでもあり、執筆、テレビ等のメディア活動も精力的にこなしている。日本アンチエイジング外科・美容再生研究会認定医。アトピー性皮膚炎治療を専門とし、アトピーチャンネルの総監修などもしている。

こんなにある!!ビタミンCの知られざる効果

ビタミンCは「美白のビタミン」として、シミのケアや美白に効果があることは、女性なら知らない人はいないのではないのでしょうか。その他にも、免疫力向上や抗酸化作用、肌のたるみ改善、たるみ毛穴ケア、薄毛や脱毛のケア等、我々の健康維持に欠かせないさまざまな効果も持ち合わせているのです。

何が違うの?ビタミンCの種類をご紹介!

美容や健康に欠かせないビタミンCですが、実は肌へ浸透しにくい性質のため、肌の中へ届けやすいように「ビタミンC誘導体」という形に調節されています。
近年では、最先端の研究開発により、さらに多くのビタミンCを肌に届ける事ができる「ハイブリッドビタミンC」という種類も登場していて、ぜひ知っておきたい成分です。

ハイブリッドビタミンC

純水なビタミンCに、特許を取得したナノテクノロジーによって作られた無機二重層水酸化物(LDH)を加えたビタミンC誘導体です。従来のビタミンC誘導体と異なるのは、肌に届いてから約12時間ビタミンCを放出し続けるという持続性を持っているところです。そのため、酸化しやすいという弱点があったビタミンCのパワーを長時間受けつづけることができるのです。 ハイブリッドビタミンCについて詳しく見る

油溶性ビタミンC誘導体

肌の皮脂や、あるいは肌内部の細胞間脂質となじみがよく、吸収されやすく改良されたビタミンC誘導体です。親油性をもつ油溶性ビタミンC誘導体は持続性に優れ、浸透力が高いことも大きな特徴です。しかしながら、表皮で見られる効果が弱いという点も持ち合わせています。 油溶性ビタミンC誘導体について詳しく見る

水溶性ビタミンC誘導体

もともと皮膚からは吸収されにくいビタミンCに、さまざまな成分を加えることで吸収されやすいように調整されたビタミンCです。ただし、浸透力はビタミンC誘導体の中でも低く、そのかわりに表皮で発揮する効果があるのが特徴です。ビタミンCの効果をより一層得るには油溶性ビタミンC誘導体との併用がオススメです。 水溶性ビタミンC誘導体について詳しく見る

APPS

水溶性ビタミンC誘導体(リン酸型ビタミンC誘導体)にパルミチン酸を加えた、新しいタイプのビタミンC誘導体。水溶性と油溶性の両方の性質を持ち合わせており、浸透力も大変高い一方で、保存が難しく、使用期限が短いという弱点があります。 APPSについて詳しく見る

韓国大学教授が発見した最新型ビタミンC「ハイブリッドビタミンC」

教授の写真

韓国名門女子大学
チェ・ジンホ教授

ビタミンCと無機二重層水酸化物(LDH)を融合させて生まれたハイブリッドなビタミンC誘導体「ビタブリッドC」。この「ビタブリッドC」の開発者は、ナノバイオ素材研究センター長も務めている、韓国の名門女子大学・梨花女子大学のチェ・ジンホ教授です。

従来のビタミンC誘導体の課題であった「皮膚内でのビタミンC効果の長時間持続」を克服したビタブリットCの安全性技術力は、様々な国での特許を取得し、国際的論文誌『ネイチャー』のハイライトにも掲載されています。

ページTOPへ