頭皮のめぐりをUPさせる ビタミンケア

髪が薄くなった… 髪が弱々しい… その原因は? 

監修:しのぶ皮膚科院長 
蘇原しのぶ先生

医師。東海大学医学部卒業後、北里大学皮膚科、獨協大学皮膚科を経て、白斑専門の新宿皮フ科副院長。2016年にしのぶ皮膚科開業。皮膚科・皮膚外科歴12年。ヒアルロン酸、ボトックス治療に造詣が深い。オールアバウト美と健康のガイドでもあり、執筆、テレビ等のメディア活動も精力的にこなしている。日本アンチエイジング外科・美容再生研究会認定医。アトピー性皮膚炎治療を専門とし、アトピーチャンネルの総監修などもしている。

男女共通の薄毛や抜け毛の原因は「頭皮」に

年齢を重ねてから、一気に変わる毛髪の状態。以前は違ったのに…鏡の前で悩むこともあるのでは。もちろん、加齢によって毛髪はある程度衰えていくものです。薄毛や抜け毛が目立ってくるメカニズムは、男女それぞれのホルモンの働きで変わりますが、しかし、薄毛を早めてしまう根本的な原因は、男女問わず生活習慣による頭皮環境の悪化です。

主には、日々の紫外線。他にもストレスや睡眠不足、疲労や食生活など生活習慣の問題です。これらの習慣は、髪が育つヘアサイクルを乱すことにつながり、髪のハリやコシを失ってしまったり、薄毛や抜け毛を発生させてしまうのです。

では、一体どのような変化が頭皮で起こっているのでしょうか?

頭皮の毛細血管が”ゴースト化”している!

頭皮イラスト

毛髪は生えたり抜けたりを繰り返しています。この毛髪のサイクルには、毛根にある「毛母細胞」が深く関わっています。私たちの髪は、この毛母細胞が分裂を繰り返すことで成長していきます。この成長に不可欠なのが、この毛母細胞へ血液・栄養を運ぶ毛細血管です。

毛母細胞につながる毛細血管は、まさに工場でいう生産ラインとなる重要な存在です。しかし、頭皮の状態が悪化して毛細血管に流れる血液が滞ってしまうと、毛母細胞は十分な栄養が得られなくなり、細胞分裂を行うことができなくなってしまいます。この状態が続くと、毛髪の成長期が著しく短くなり、薄毛や抜け毛、そして次の発毛がされない状態になってしまいます。

つまり薄毛の原因は、毛母細胞そのものだけでなく、毛細血管が広がる頭皮の状態にあることがわかります。この頭皮の毛細血管も、年齢やダメージとともに、次第に細くなっていきもろく弱った状態になってしまいます。血管は存在しているが血液が流れない、いわゆる「ゴースト血管」と言われる状態です。一度ゴースト血管になると改善するのは極めて困難と言われています。

毛髪サイクルは「コラーゲン」によって強くなる

毛細血管に十分な血液がめぐり、毛母細胞にしっかり栄養を届けるようにするには、弱ってしまった毛細血管をイキイキさせる必要があります。あまり一般的に知られてはいませんが、血管がしなやかに丈夫でいられるのはコラーゲンによるものなのです。血管へダイレクトにコラーゲンを補うことはできませんが、体内でコラーゲンを生成するための栄養補給を意識することもケアにつながります。

また、最新の薄毛研究では、「毛包にある17型コラーゲン」が減少することで薄毛が進行するということが東京医科歯科大学の発表で分かっています。この毛包の17型コラーゲンは、毛髪を作り続ける度に徐々に分解され続けてしまうようです。

頭皮・毛髪のコラーゲンに役立つのが「ビタミンC」

ビタミンCがコラーゲン生成を促進する

昔からコラーゲン自体は美しさを求める女性は好んで摂っている成分ですよね。ただし、コラーゲンを摂取してもそのままコラーゲンとして体内に吸収されるわけではありません。体内で一度、アミノ酸に分解されてから、体内で再びコラーゲンが作られるます。この時にコラーゲン生成に必要とされるのが「ビタミンC」というわけです。ビタミンC効果は万能薬ともいわれる理由はここにもあります。

薄毛対策には、ビタミンCを食べる、塗るの両方が効果的

まずは毎日の食事やサプリメントから摂る

基本は日々の食事から。普段の食事から野菜や果物などビタミンCが摂れる食材は積極的に選びましょう。ただしビタミンCは体内に蓄えることができず、たくさん摂取しても、翌日には尿と一緒に排出されてしまいます。さらに、ストレスを受けた際にもビタミンCが消費されたり、アルコールの摂取や喫煙をすることでも、体内のビタミンCは壊れてしまいます。よって、ビタミンCはこまめに、回数を分けて摂るなどして常に体内にビタミンCが満たされた状態にするのが良いです。タバコを吸う方やストレスを溜めこんでいると感じる方は、サプリメントなどを活用するのも手軽で良いかもしれません。

頭皮から直接的にビタミンCを届ける

より頭皮環境へのサポートを期待するのであれば、食べるだけでなく頭皮から直接アプローチすることもさらに効果的です。ですが当然皮膚にはバリア機能がありますので、レモン汁を塗るとかは無意味です。ビタミンCが確実に皮膚の中に浸透される技術を用いたものを活用する必要があります。または、頭皮のビタミンCが壊れない・使われすぎないように、日差しの強い日にはあまり頭皮に紫外線を浴びさせないよう工夫するということもダメージを抑えるには良いかもしれません。(以上/監修コンテンツ)

ビタミンC効果.jp編集部ピックアップ:ビタミンCでの頭皮ケア

本サイトがピックアップするビタミンC塗布

ビタミンC効果サイトでも紹介を外せないのは、やはりこの薬用発毛促進剤だと思います。数ある育毛剤の中でも最もビタミンC効果に注力された発毛促進剤「ビタブリッドCヘアー」。ビタミンCを独自技術で約12時間ほど頭皮に与え続けることを可能にしたものです。

頭皮の血流をよくする「ナイアシンアミド」、毛髪を健康に保つ「イノシトール」、成長ホルモンの促進に役立つ「アルギニン」などの発毛促進成分も配合されています。また、DHT(ジヒドロテストステロン)抑制効果があるオレアノール酸などももちろん配合されていて、様々な薄毛要因にも対処できるように設計されています。

最新の薬用発毛促進剤としては、最も異色のもので、最もビタミンC効果を期待できるものだと思います。(ビタミンC効果編集部)