新型ビタミンを試して満足している女性

原因は何??加齢でどんどん増える肌の悩み

監修:しのぶ皮膚科院長 
蘇原しのぶ先生

医師。東海大学医学部卒業後、北里大学皮膚科、獨協大学皮膚科を経て、白斑専門の新宿皮フ科副院長。2016年にしのぶ皮膚科開業。皮膚科・皮膚外科歴12年。ヒアルロン酸、ボトックス治療に造詣が深い。オールアバウト美と健康のガイドでもあり、執筆、テレビ等のメディア活動も精力的にこなしている。日本アンチエイジング外科・美容再生研究会認定医。アトピー性皮膚炎治療を専門とし、アトピーチャンネルの総監修などもしている。

肌の衰えがシミ・くすみの原因?

肌の構造図

肌が衰え、老化する原因はさまざまです。それらの原因が重なり合って肌に現れてきます。しかも、私たちの生活には常に避けられないリスクが存在します。主に、「年齢」「乱れた生活習慣」などの内的要因と、「紫外線」「乾燥」「活性酸素の過剰発生」などの外的要因があります。

具体的にどのように肌へ影響があるのでしょう。紫外線はメラニンが増加しシミに繋がったり、コラーゲンが破壊されシワに繋がったり、毛穴の開き、抗酸化(還元作用)機能の低下など多岐にわたります。肌の代謝も悪くなるので、ターンオーバーの周期が乱れてしまいます。「シミ」「くすみ」「シワ」「たるみ」は、特に多くの女性が悩んでいる症状です。これらの肌の悩みには、どのような対策があるでしょうか。

肌に元気に!いきいきした肌のために重要なこと

肌を正常に元気に保つにはどうしたらよいか、それはとてもシンプルです。それは「正しい知識」と「適切なケア」です。

内的要因である「乱れた生活習慣」は、規則正しい生活習慣にすることである程度食い止めることができます。外的要因の「紫外線」「乾燥」「活性酸素」などは、その症状にあった適切なケアで出来る限り防ぐことができます。重要なのは「肌を守る」ことと「肌に力を与える」ことを常に意識することです。

※ドクターによる監修は、このスペースに限られ、こちらのみ広告ではありません。
他のスペースにおいてもドクターが掲載商品や特定商品への保証や購入等を推薦しているものではありません。

誰もが知る万能ビタミン「ビタミンC」

ビタミンCに期待できる多くの効果

世の中に、美容成分と呼ばれるものは非常にたくさんあります。肌を元気にしてくれることで注目されているのがビタミンCですが、実は、ビタミンCは美容効果だけでなく、体の活動においても重要な成分で、その力は加齢から生じる肌の悩みにもアプローチしてくれます。誰もが知っている非常に有名な成分ですが、効果や摂取方法など、正しく知らない人は意外と多いのではないでしょうか。

ビタミンCをより一層身体に摂り入れるには、どのようにしたらよいのでしょう?沢山食べたり飲んだりすればいい!という答えは間違いです。なぜなら、ビタミンCは水溶性ビタミンなので、必要以上の摂取量は、すぐに体外に排出されてしまうからです。

しかし、ビタミンCを正しく効率よく体に摂り込むことができれば、肌の衰えを招くさまざまな原因から肌を守ってくれます。紫外線によるシミを防ぎ、明るく健康的な肌を保ち、女性が望む「ハリ・うるおいのある白い肌」に近づきます。

ビタミンCは健康と美容、どちらにも欠かせない成分

ビタミンCは、丈夫で健康な体を作る際に欠かせない成分です。美容面では、美白効果が有名ですが、意外にも「肌のハリやうるおい」にも効果があるといわれています。私たちの身体を構成するタンパク質の約30%を占めるコラーゲンですが、体内で生成する際にはビタミンCが必要なのです。ビタミンCが不足していると、コラーゲンが十分に作られず、お肌のハリ・弾力が失われてしまいます。

ではどのようにすれば、ビタミンCを肌にきちんと届けられるのでしょうか。

ビタミンCの美容パワーを、直接肌に届けたい

美容効果があるのに、食べても塗ってもダメなビタミンC

美容にも健康にも役立つビタミンCですが、水に溶けやすく、熱に弱く、壊れやすいというデリケートな特徴があります。肌への効果を期待するのであれば、実は食事から摂取してもなかなか届きにくい成分なのです。しかし、肌に直接ビタミンCを塗っても、角質層のバリアを越えて浸透することができません。
また、非常に不安定な成分のため、空気に触れたり化粧品に配合されるなど、他の物質と混ざると損なわれやすく、なかなか使用が難しいとされていました。ところが、近年では技術の進歩により、ビタミンCの美容パワーを壊すことなくお肌に充分に届けられる方法が見つかっています。

ビタミンC誘導体や「APPS」、さらに新型の「最先端ビタミンC」?!

もともと壊れやすく、吸収されにくかったビタミンCを改良し、角質層への浸透を良くしたものが「ビタミンC誘導体」です。皮膚内にある酵素と反応することでビタミンCへと変化します。ただ、ビタミンC誘導体の濃度は、実際のビタミンCの濃度よりも低いという欠点があります。

APPSは水溶性・油溶性どちらのビタミンC誘導体の性質も持ち合わせ、両方の弱点を補うことができた、最良のビタミンCといわれていました。ただ、効果を維持するのが難しく、またコストも高くなってしまいがちでした。

しかしさらに、研究開発がすすみ、最近では改良型ビタミンCが誕生しています。(以上/監修コンテンツ)

ビタミンC効果.jp編集部ピックアップ:最新型ビタミンC

本サイトがピックアップするビタミンCパウダー

年齢肌にとって、救世主ともなるビタミンC。壊れやすく肌に届きにくいというデリケート成分であったビタミンCを、最新のバイオ技術によって安定化した新型ハイブリッドビタミンCが登場しました!これにより、ビタミンCが角質層へじっくり着実に、そして長時間におよびその効果を継続することが可能になりました。

普段のスキンケアの前に、溶かした「ビタブリッドCパウダー」をお肌に塗るだけで、気になるさまざまな悩みにアプローチしてくれます。ハリ・ツヤがある、白く澄んだ肌を目指すために、最新型ビタミンC「VitabridC12 FACE」を試してみてはいかがでしょう。