ビタミンC教室

ビタミンC教室

ドクター監修:ドクター写真

監修:しのぶ皮膚科院長
蘇原しのぶ先生
クリニック公式サイトはこちら

医師。東海大学医学部卒業後、北里大学皮膚科、獨協大学皮膚科を経て、白斑専門の新宿皮フ科副院長。2016年にしのぶ皮膚科開業。皮膚科・皮膚外科歴12年。ヒアルロン酸、ボトックス治療に造詣が深い。オールアバウト美と健康のガイドでもあり、執筆、テレビ等のメディア活動も精力的にこなしている。日本アンチエイジング外科・美容再生研究会認定医。アトピー性皮膚炎治療を専門とし、アトピーチャンネルの総監修などもしている。

医師。北里大学皮膚科、獨協大学皮膚科を経て、しのぶ皮膚科開業。皮膚科・皮膚外科歴12年。オールアバウト美と健康のガイドでもあり、執筆、テレビ等のメディア活動も精力的にこなしている。

ニキビには3種類ある!?大人も悩むニキビとは??

「ニキビ」といえは思春期の代名詞ともいえる肌トラブル。しかし大人になってからも「ニキビ」に悩まされる人は少なくありません。ニキビの原因は「アクネ菌」。アクネ菌が毛穴の中で過剰に繁殖してしまうことでニキビが発生してしまいます。そんなニキビにも、「赤ニキビ」「白ニキビ」「黒ニキビ」の3種類に分けられます。

それぞれ特徴があり、「赤ニキビ」は毛穴が炎症を起こして腫れて赤くなってしまった状態。過剰に増えたアクネ菌を攻撃するために働いている白血球が、周りの組織まで破壊してしまいます。炎症が悪化すると、肌が少し陥没した「クレーター」と呼ばれるニキビ跡が出来てしまいます。

「白ニキビ」は毛穴に皮脂が詰まり、白い塊がポツポツと見える状態。

「黒ニキビ」は白ニキビを放置した結果、酸化してしまい黒く見えるようになってしまった状態です。

大人ニキビの原因は「ストレス」

ニキビは美容の大敵です。大人ニキビでよく見られるのが顎にできる「あごニキビ」。これは治りにくく跡になりやすいのでキチンとしたケアが必要です。

大人ニキビができる原因は、皮脂や角質トラブルだけでなく「ストレス」も考えられます。人はストレスを感じると交感神経が活発に働き、活性酸素が発生します。活性酸素は肌環境を整えてくれるビタミンCを消費してしまうため、肌環境も悪化してしまいます。それと同時に、ストレスに抵抗するため、体内では副腎皮質ホルモンが分泌されます。このホルモンは、分泌されると皮脂の分泌量も増加するという特徴があります。つまり、毛穴を詰まらせる皮脂がふえ、ニキビができやすい環境を作ってしまうということです。

このことから「ストレス」は、ニキビの発生と皮膚環境の悪化を生む、根本的な原因となるのです。

ビタミンCでニキビケア&ニキビ予防

イメージ写真

ビタミンCは、ストレスなどで体内で消費されてしまいます。そのため、ビタミンC不足になると「ニキビ」など肌トラブルとして肌に現れてしまうのです。美容のためにはビタミンCは十分に摂っておかなくてはなりません。

また、ビタミンCは肌環境を正常に整えてくれるので、ニキビ予防はもちろんですが、既にできたニキビケア にも効果的です。ビタミンCは、食事から摂るだけでなく、化粧品などにより肌へ直接塗布(経皮摂取)することが可能です。最新の科学では、皮膚からビタミンCを摂取する方法が高く評価されています。放っておくと跡になりやすいニキビを早く治したいなら、食事からだけでなく化粧品からのビタミンCケアも併せておこないましょう。