ビタミンC教室

ビタミンC教室

ドクター監修:ドクター写真

監修:しのぶ皮膚科院長
蘇原しのぶ先生
クリニック公式サイトはこちら

医師。東海大学医学部卒業後、北里大学皮膚科、獨協大学皮膚科を経て、白斑専門の新宿皮フ科副院長。2016年にしのぶ皮膚科開業。皮膚科・皮膚外科歴12年。ヒアルロン酸、ボトックス治療に造詣が深い。オールアバウト美と健康のガイドでもあり、執筆、テレビ等のメディア活動も精力的にこなしている。日本アンチエイジング外科・美容再生研究会認定医。アトピー性皮膚炎治療を専門とし、アトピーチャンネルの総監修などもしている。

医師。北里大学皮膚科、獨協大学皮膚科を経て、しのぶ皮膚科開業。皮膚科・皮膚外科歴12年。オールアバウト美と健康のガイドでもあり、執筆、テレビ等のメディア活動も精力的にこなしている。

実は女性も注意!薄毛・抜け毛のメカニズム

年齢とともに「薄毛」に悩む人はとても多いです。薄毛は男性の悩みのイメージが強いかもしれませんが、実は、日本女性でも約1/10にあたる約1,000万人が薄毛や抜け毛に悩んでいるといわれています。 薄毛の原因を正しく知るために、まずは正常なヘアサイクルを理解する必要があります。

ヘアサイクルとは、髪の毛が生え変わる周期のこと。このヘアサイクルが正常であれば、健康な髪が生えてくるのです。

今生えている髪の毛の下には、新しい毛の細胞が生まれます。古い毛が抜け落ちると、代わりに新しい毛が生えてきます。

一般的に髪の毛は1ヶ月に1~1.5cmのび、充分に育つには3~5年かかるといわれています。薄毛や抜け毛に悩まされている方はもちろん、髪のハリ・コシ・ツヤが無くなったと悩む人は、この正常なヘアサイクルが崩れてしまっていると考えられます。

ヘアサイクルの乱れが薄毛の原因

薄毛に効くビタミンCの効果

髪は成長期→退行期→休止期というサイクルを繰り返しています。新しい毛が育つには3~5年前後の時間がかかりますが、このサイクル正常でないと、髪の成長期は短くなってしまいます。成長期が短くなると髪は十分に育たないので、細くて弱い毛が増えることになります。この状態が薄毛です。さらにヘアサイクルが早まってしまうことで抜け毛も増加します。

ヘアサイクルの乱れは、「ホルモンバランスの崩れ」や「睡眠不足」などで引き起こされますが、特に気を付けたいのは栄養不足です。特にビタミンCが不足すると、髪の成長に悪影響を及ぼします。

また、ストレスもヘアサイクルを乱し、薄毛や抜け毛につながります。ストレスは交感神経を必要以上に高めてしまい、血行が悪化。髪の毛に栄養を送るのが困難になります。このように、薄毛・抜け毛の原因である「ヘアサイクルの乱れ」はさまざまな事がキッカケになり引き起こされてしまうのです。

薄毛に効果が!ビタミンCの知られざるパワー

ビタミンCをはじめとした栄養が不足してしまうと、髪へさまざまな悪影響を及ぼします。これは、ビタミンCが「細胞の活性化」「新陳代謝」に大きくかかわっており、皮膚、血管の生成に必要不可欠だからです。皮膚に栄養を送る毛細血管が老化すると、髪の成長にも大きなダメージを及ぼしてしまいます。

ビタミンCは、ストレス緩和につながる「副腎皮質ホルモン」の合成にも欠かせません。ストレスも薄毛の原因のひとつなので、ビタミンCを摂取し、ストレスを軽減することは薄毛対策に効果的といえます。

ビタミンCは食べる・飲むの「経口摂取」のほかに「経皮摂取」という皮膚に直接塗布して与える方法があります。皮膚から直接ビタミンCを摂取する方法で得られる効果が、最近の研究で話題となっています。経口摂取と経皮接種、どちらも併せて行うことが理想的です。