ビタミンC教室

ビタミンC教室

ドクター監修:ドクター写真

監修:しのぶ皮膚科院長
蘇原しのぶ先生
クリニック公式サイトはこちら

医師。東海大学医学部卒業後、北里大学皮膚科、獨協大学皮膚科を経て、白斑専門の新宿皮フ科副院長。2016年にしのぶ皮膚科開業。皮膚科・皮膚外科歴12年。ヒアルロン酸、ボトックス治療に造詣が深い。オールアバウト美と健康のガイドでもあり、執筆、テレビ等のメディア活動も精力的にこなしている。日本アンチエイジング外科・美容再生研究会認定医。アトピー性皮膚炎治療を専門とし、アトピーチャンネルの総監修などもしている。

医師。北里大学皮膚科、獨協大学皮膚科を経て、しのぶ皮膚科開業。皮膚科・皮膚外科歴12年。オールアバウト美と健康のガイドでもあり、執筆、テレビ等のメディア活動も精力的にこなしている。

私たちの体を守る!免疫機能って何?

私たちの体には「免疫機能」が備わっています。これは、病原菌やウイルスなどの外敵の侵入を防いだり、 体内にできた害をもたらす細胞を除去するという自己防衛機能です。

「免疫機能」には2種類存在し、「自然免疫」「獲得免疫」と呼ばれています。「自然免疫」とは生まれつき持っている免疫機能で、マクロファージやナチュラルキラー細胞、樹状細胞が担っています。

「獲得免疫」は、病原体や異物との接触で後天的に身につく免疫です。これはヘルパーT細胞、B細胞、サプレッサーT細胞やキラーT細胞等が担当しています。

細胞同士の情報伝達を行い、免疫細胞を活性化する「サイトカイン」も免疫機能には必要不可欠。これらの「自然免疫」「獲得免疫」「サイトカイン」の3つが協調することより、私たちの免疫機能は成立します。

免疫機能が崩れてしまう原因とは

イメージ写真

日々、病原菌やウイルスと戦っている免疫機能ですが、そのバランスが崩れ、機能が低下してしまうこともあります。

原因としていえるのが、1つ目は「ストレス」です。免疫機能は自律神経によってコントロールされますが、過度なストレスによって自律神経のバランスが乱れると、免疫機能のバランスも崩れてしまいます。

2つ目は「加齢」です。前述したナチュラルキラー細胞やヘルパーT細胞の働きが年齢とともに低下するため、免疫機能自体が低下してしまうのです。

ビタミンCが免疫機能を強力サポート!

ビタミンC免疫力イメージ図

下がってしまう免疫機能のためには、ぜひ摂りたい栄養素が「ビタミンC」です。ビタミンCは風邪などのウイルスと戦う免疫物質「インターフェロン」が作られるのに必要不可欠。粘膜を正常に保つ働きがあるので、免疫力向上に大きな役割を担っています。

またビタミンCは抗アレルギー効果もあるので、免疫機能の過剰反応でおきたアレルギーに対しても有効です。

お肌の為には、食べる・飲む「経口摂取」と併せて、スキンケア化粧品でビタミンCを皮膚に塗る「経皮摂取」も行うことがポイントです。近年では、酸化しにくくビタミンCがしっかりお肌にとどく新成分が開発されているので、スキンケアでの使用がオススメです。