ビタミンC教室

ビタミンC教室

ハイブリッドビタミンCが育毛ケアにみせる効果

現在薄毛に悩む方、また今後薄毛になるのでは…と気にしている方は、非常に多くみられます。では、薄毛の原因は一体何なのでしょう。それは主に「男性ホルモン」「血行不良」「肌の酸化」「角栓」などが挙げられます。

薄毛になる主な原因
■男性ホルモン
男性ホルモンの一種である「テストステロン」が、薄毛の原因となる物質(ヒドロステロン=DHT)を生成します。この男性ホルモンの影響によって、毛髪がうすくなってしまうのが「AGA(男性型脱毛症)」です。
■血行不良
毛髪は「毛母細胞」に栄養が届くことによって成長します。この栄養は、血液によって運ばれるため、血行が悪くなれば毛髪の成長は悪くなります。その結果、細く抜けやすい毛になってしまいます。
■頭皮の酸化
頭皮の酸化も、毛髪の成長を妨げます。紫外線やストレスなどは、活性酸素を発生させ頭皮への刺激となります。頭皮環境が悪くなると、毛髪は正常に育ちません。
■毛穴の角栓
角栓が毛穴をつまらせると、頭皮ニキビが出来てしまったり、育毛製品の浸透を阻害します。頭皮が荒れやすい人、皮脂の分泌が多い人は要注意です。
男性ホルモンを抑制する「フィナステリド(プロペシア)」等の服用は一般的な薄毛対策ですが、「性欲減退」「倦怠感」「勃起機能の低下」「うつ」「むくみ」「頭皮の痒み」などの副作用の可能性が指摘されています。「フィナステリド」は妊娠中の女性は触れるだけで、胎児や乳幼児の発育にも悪影響があると言われている非常に強い薬です。これら副作用のリスクもしっかりと把握した上で使用する必要があります。
また、「ミノキシジル」は血管を拡張し発毛を促しますが、これも個人差はあるものの「頭痛」「倦怠感」などの副作用があるといわれています。
男性ホルモン抑制以外で「リスクの少ない育毛」を目指したいものです。
「血行ケア」「頭皮酸化予防」「角栓予防」の3つに効果があり、リスクの心配もないと注目されているのが「ハイブリッドビタミンC」です。

3つの育毛パワーを持ったハイブリッドビタミンC

「血行ケア」「頭皮酸化予防」「角栓予防」の3つに効果があり、またリスクも少ないと話題のハイブリッドビタミンC。ここからはその効果を詳しくご紹介します!

「ビタミンCの薄毛への効果」のページを見る

ポイント1:血管をイキイキ!血行促進を強力サポート!

血管が毛髪に栄養を運ぶ仕組み

頭皮の血行が悪くなると、毛髪へ充分に栄養が運ばれず、薄毛や抜け毛の原因となります。血行をよくするためには、血管の状態を良くする必要があります。実は、血管も加齢と共に老化してしまうので、何もケアしなければ血液が流れない「ゴースト血管」になってしまう恐れがあります。

血管は、内側と外側の細胞壁を備えた2重構造になっていて、老化によって外側の壁が剥がれると、内側のもろい細胞壁が破壊されやすい状態になってしまいます。これが「血管のゴースト化」です。ゴースト化してしまうと、元に戻るのは非常に難しくなります。頭皮の血管のゴースト化が進行すると、毛髪に栄養がとどかず抜け毛が増えてしまいます。

これと同じなのが、肌のシワ・たるみです。顔の血管も、ゴースト血管になるとお肌の栄養が足りなくなります。それを防ぐために、日ごろから頭皮も顔も血行を良くしておく必要があります。さらに恐ろしいことに、ゴースト血管が悪化すると、血管そのものが消滅してしまうので、最も優先したいケアといえるでしょう。

★ハイブリッドビタミンCを使用すると・・・

ハイブリッドビタミンCには「血管の老化を防ぐ」働きがあります。血管は「コラーゲン」を材料にして作られています。ハイブリッドビタミンCはこのコラーゲンの生成をサポートし、血管を元気にする効果が見込めます。ゴースト血管を防ぎ、充分な血行を促進、毛髪への栄養を運ぶことが期待できるのです。また過剰に使用しても副作用がないという点も安心できるところです。長時間頭皮にとどまり、ジワジワ効いてくれるハイブリッドビタミンCは、リスクなく安全に育毛ケアを行うことができます。

ポイント2:頭皮環境を良好に!育毛への近道

すこやかな頭皮環境をキープする抗酸化

私たちの身体は、数十兆個にもなる細胞とその働きによって作られています。頭皮の状態が悪化すると、頭皮を形成する細胞がダメージを受け、さまざまな悪影響がみられるようになります。健康な毛髪が育つためには、頭皮の状態を正常にし、細胞レベルからケアすることが大切です。

頭皮環境を悪化させる原因の一つに、「紫外線」や「ストレス」による「活性酸素の発生」があります。活性酸素は細胞膜にある脂質や皮脂を酸化させ、「過酸化物質」という物質を生みます。この過酸化脂質は細胞にダメージを与え、シミやシワなどの老化現象を起こす原因となります。これは頭皮においても同じで、老化によって「乾燥」「フケ」「炎症」「血行不良」が起こり、弱った細胞からは健康な毛髪は育たなくなります。

このように、活性酸素により頭皮が酸化すると、薄毛や抜け毛に繋がってしまいます。だからこそ、頭皮酸化に対し「抗酸化」が育毛において非常に重要なポイントなのです。

★ハイブリッドビタミンCを使用すると・・・

高い抗酸化パワーが特徴のハイブリッドビタミンC。紫外線やストレス等で発生する活性酸素と、それによって起こる酸化から、頭皮を守ることが期待できます。最近の研究では、ビタミンCを皮膚に塗布すると、炎症を抑え、血行促進や若々しい頭皮へ導くことが分かっていて、育毛や薄毛対策に大きな期待を集めています。

通常のビタミンCや誘導体と呼ばれる改良型ビタミンC「APPS」には、肌に塗布しても一時的な効果しか得られず、効果が持続しないという問題がありました。そんな中、効果が長い間持続するという画期的なハイブリッドビタミンCの登場により、継続的に発生する活性酸素への対策が可能になりました。ビタミンCがもつ非常に高い「抗酸化力」と長時間キープできる「持続力」が実現できるからこそ、薄毛・抜け毛ケアを根本から行うことができるのです。

「ビタミンCの活性酸素除去への効果」のページを見る

ポイント3:毛穴の詰まり「角栓」の予防

ハイブリッドビタミンCを塗布した際の角栓量の変化比較

皮脂腺が多く、皮脂が毛穴につまり「角栓」ができやすい頭皮。角栓は、頭皮ニキビなどの原因となり、頭皮環境を悪化させてしまいます。

毛穴につまった角栓は、シャンプーで洗い流せると思いがちですが、実はセルフケアでは取り除くのは難しいといわれています。この角栓のケアをする専用の施術を行う発毛クリニックもあるほど、角栓のケア・予防は重要です。

毛穴につまった角栓は、頭皮環境を悪化させるだけでなく「育毛剤の浸透を妨げる」ので、毛髪の成長に大きな悪影響があります。

出来てしまった角栓を取り除くのはもちろん、角栓ができない健康な頭皮環境をつくり、それを維持することが非常に大切です。

★ハイブリッドビタミンCを使用すると・・・

毛穴を詰まらせる皮脂は「ストレス」などでも分泌量が増加します。ストレスによって交感神経が過剰に働くことで、その反応の一つとして皮脂分泌量が増えるのです。ハイブリッドビタミンCには、角栓の除去効果が見られるだけでなく、過剰な皮脂分泌の抑制が期待できます。

ハイブリッドビタミンCは長時間継続して頭皮にとどまり、酸化を防ぐので、角栓予防には最適な成分といえるでしょう。

「ハイブリッドビタミンCの美容効果」のページを見る

育毛ケアは “自分自身にあった製品”を選ぶのが大切

育毛ケアを考えるとき、育毛剤の中に「医薬品」「医薬部外品(薬用化粧品)」「化粧品」という種類があるのをご存知ですか?これらの違いを正しく理解しておくことが、とても重要です。

「医薬品」とは有効成分を含んだ、いわゆる「お薬」のこと。副作用が出る場合もあり、使用する際には注意が必要です。「医薬部外品(薬用化粧品)」は、医薬品よりも効果が緩和なもので、医薬品と化粧品の間と考えてよいでしょう。そして「化粧品」は、医薬部外品よりもさらに効果が緩和なもので、清潔で健やかなスキンケアが行える製品のことです。

化粧品は医薬部外品よりも効果が低いかというと、必ずしもそうとは言えません。たとえば、薄毛の原因が頭皮の乾燥であるにもかかわらず、頭皮を保湿する化粧品ではなく、血行を促進する医薬部外品を選ぶのは、適切な選択ではなりません。

重要なのは、「今ある自身の頭皮の状況に対して、どのようなケアが必要なのか」を正しく判断し、育毛ケア製品を選ぶことです。

血行ケア・酸化予防・角栓予防は、育毛においてとても重要なポイントです。これらのアプローチによる育毛ケアを求めている方は、業界でも注目されている成分「ハイブリッドビタミンC」を試してみてはいかがでしょうか?

Googleの検索結果で上しく調べてみる|ハイブリットビタミンC