ビタミンC教室

ビタミンC教室

日焼け止めに配合されるビタミンCの効果

一般的なビタミンC製品でUVケア

ビタミンCはシミ・そばかすの予防やケアに効く!というのは、多くの方が知っています。これはビタミンCがシミ・そばかすの原因となるメラニン色素の分泌を抑制し、また既に作られてしまったメラニン色素にも効果があるからです。そのため、UVケア商品にはビタミンCを配合した商品が多く売られてします。

シミ・そばかすが出来るのは、メラノサイトという色素細胞がメラニンを作り出すからです。ビタミンCはこのメラニンを作る過程で働きかけ、メラニンの産生量を抑制します。メラニン産生の初期段階にチロシナーゼという成分の活性化を阻害。また、メラニンを生成する過程でできるドーパを還元する働きもあります。すでに蓄積されたメラニンに直接働きかけ、還元する作用も持っています。

■ビタミンCの作用
・チロシナーゼの活性を阻害
・ドーパキノンのドーパへの還元
・メラニンの直接還元

その一方で、ビタミンCは非常に酸化しやすいという成分です。紫外線を浴びると活性酸素が発生しますが、そのために皮膚に塗ったビタミンCが過酸化してしまい、更にシミの原因になりやすいともいわれています。これではUVケアのためにビタミンCを塗っても、逆効果になってしまいます。

これらの事を防ぐために、「酸化亜鉛」と結合させてビタミンCを守ることで、肌に塗ったビタミンCの効果をしっかり受けることができる、画期的な技術が開発され、いま注目を集めています。

日焼け止め製品に含まれる「酸化亜鉛」とは

日焼け対策だけではなく、シミやそばかすの予防のためにも日焼け止めは塗らなくてはなりません。日焼け止め製品には「紫外線を吸収し、散乱させる」物質が配合されています。その物質である「酸化亜鉛」は、日焼け止め以外にも湿布や軟膏などの医薬品や、ファンデーションなどの化粧品にも配合されています。亜鉛人体の必須ミネラルの一つで、それを主成分とする日焼け止めはお肌への負担が少なく、安全性も高いといわれています。

紫外線には、波長の長いA波と波長の短いB波があります。特に紫外線A波はメラニン色素を沈着させ、シミの生成をより著しくしてしまうため注意が必要です。酸化亜鉛はこれらのA波とB波の影響を少なくしてくれるとても優れた成分といえるでしょう。

UVケアに優れた効果!「ハイブリッドビタミンC」

マウスによるUV露出実験

近年、メラニン色素へ効果のある「ビタミンC」と、皮膚を紫外線から守る「酸化亜鉛」の両方を持ち合わせた新しい成分が開発されました。それが韓国の梨花女子大学、チェ・ジンホ教授により開発された「ハイブリッドビタミンC」です。その紫外線への効果は非常に優れており、マウス実験でも立証されています。

「マウスUV露出実験」では、「毎週3回ハイブリッドビタミンCを塗布したマウス」と「塗布しないマウス」の両方に約4ヶ月間UVB波を照射しました。4ヶ月後ハイブリッドビタミンCを塗らなかったグループのマウスに、「吹き出物・ポリープなどが発生し、皮膚の角化現象」が見られました。対して、ハイブリッドビタミンCを塗ったグループには、「正常な肌状態」をキープすることができていました。この研究結果から、「ハイブリッドビタミンC」は「UVケアに非常に効果が見込める成分」といえるでしょう。

前述のように、「ビタミンC配合製品は、紫外線により逆にシミを引き起こす」と考えられていましたが、今回のマウス実験により「ビタミンCの種類によってはシミの原因にならない」という可能性が生まれました。

研究に使用された「ハイブリッドビタミンC」という新型ビタミンCは、酸化亜鉛に挟まれることで紫外線から守られ、酸化を防ぐことができます。その状態でお肌へ浸透するという画期的な成分です。この結果、紫外線を気にすることなく朝や昼でも塗ることができ、直接お肌にビタミンCのチカラを届けることができるのです。

イメージ写真