ビタミンC教室

ビタミンC教室

ドクター監修:ドクター写真

監修:しのぶ皮膚科院長
蘇原しのぶ先生
クリニック公式サイトはこちら

医師。東海大学医学部卒業後、北里大学皮膚科、獨協大学皮膚科を経て、白斑専門の新宿皮フ科副院長。2016年にしのぶ皮膚科開業。皮膚科・皮膚外科歴12年。ヒアルロン酸、ボトックス治療に造詣が深い。オールアバウト美と健康のガイドでもあり、執筆、テレビ等のメディア活動も精力的にこなしている。日本アンチエイジング外科・美容再生研究会認定医。アトピー性皮膚炎治療を専門とし、アトピーチャンネルの総監修などもしている。

医師。北里大学皮膚科、獨協大学皮膚科を経て、しのぶ皮膚科開業。皮膚科・皮膚外科歴12年。オールアバウト美と健康のガイドでもあり、執筆、テレビ等のメディア活動も精力的にこなしている。

新型ビタミンC誘導体APPSとは

新型ビタミンC誘導体APPSとは、リン酸型ビタミンC誘導体(水溶性ビタミンC誘導体)にパルミチン酸を加えたものです。これによって親油性が生まれ、皮膚への浸透力が高まっています。その高い浸透力は、通常の水溶性ビタミンC誘導体の数倍にもなるといわれています。

表皮にはもともとバリア機能が備わっているため、水溶性ビタミンC誘導体を通しにくいという点もあります。また、水溶性ビタミンC誘導体では、刺激や赤みを感じる人も少なからずいるようですが、APPSであれば低刺激なので安心です。大人ニキビ、アトピー性皮膚炎、その他の肌の炎症などは、低刺激のAPPSを使用するのが良いでしょう。APPSはアプレシエとも呼ばれています。

ビタミンC誘導体APPSを含む化粧品

APPSは水溶性・油溶性の両方の特徴を兼ね備えているので、配合可能な化粧品はかなり幅広くなります。化粧水・美容液・洗顔料・日焼け止め・パックに至るで、多くのスキンケア化粧品に配合されています。前述したように、刺激も非常に少ないので、乾燥肌や敏感肌の人も安心して使用することができます。

さらには、表皮・真皮のそれぞれでチカラを発揮し、持続力もあるので、活性酸素の除去コラーゲン合成のサポートアンチエイジングケアなど、さまざまな目的で効果が期待できます。美容皮膚科などでは、APPSをケミカルピーリングと併せて使用することを勧めていることも多いようです。

Appsのメリット&デメリット

APPSは水溶性ビタミンC誘導体と油溶性ビタミンC誘導体の両方の性質を兼ね備えています。そのため「水分と油分の網目構造」(ラメラ構造)でできている肌を問題なく浸透することが可能です。この性質のため、表皮と真皮のどちらでもビタミンCの効果を発揮することができるのです。

万能なAPPSですが、実はデメリットもあります。それは保存がとても難しいという点です。高温多湿に弱く非常にデリケートなAPPSは、密閉して冷蔵庫で保存する必要があります。さらに、溶液となったAPPSは24時間以内に使い切らなくてはなりません。

APPSは非常に万能なビタミンCです。しかし、これ以上に浸透力や効果が注目されている、新型ビタミンCも誕生しています。